ハバ犬を育てる話

タクブンジャ 著 ; 海老原志穂, 大川謙作, 星泉, 三浦順子 訳

生きとし生けるものすべて、自らの母にあらざるものはなし-。仏の教えを胸に自然と共に生きてきたチベットの人々。かれらを取り巻く現代社会の問題や人間関係の複雑さを鋭く捉え、鮮やかにそして時に幻想的に描き出す。実験的な手法でチベット文学に新風を巻き起こした現代文学の旗手、待望の小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハバ犬を育てる話
著作者等 Stag-ʼbum-rgyal
三浦 順子
大川 謙作
星 泉
海老原 志穂
Stag-vbum-rgyal
タクブンジャ
書名ヨミ ハバイヌ オ ソダテル ハナシ
シリーズ名 物語の島アジア
出版元 東京外国語大学出版会
刊行年月 2015.3
ページ数 291p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904575-45-1
NCID BB18298978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22568328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チベット語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ハバ犬を育てる話 タクブンジャ
一日のまぼろし タクブンジャ
村長 タクブンジャ
タクブンジャ
犬と主人、さらに親戚たち タクブンジャ
番犬 タクブンジャ
罵り タクブンジャ
貨物列車 タクブンジャ
道具日記 タクブンジャ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想