映画を撮りながら考えたこと

是枝裕和 著

『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』『海よりもまだ深く』…全作品を振り返り、探った、「この時代に表現しつづける」その方法と技術、困難、そして可能性。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絵コンテでつくったデビュー作
  • 第2章 青春期・挫折
  • 第3章 演出と「やらせ」
  • 第4章 白でもなく、黒でもなく
  • 第5章 不在を抱えてどう生きるか
  • 第6章 世界の映画祭をめぐる
  • 第7章 テレビによるテレビ論
  • 第8章 テレビドラマでできること、その限界
  • 第9章 料理人として
  • 終章 これから「撮る」人たちへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画を撮りながら考えたこと
著作者等 是枝 裕和
書名ヨミ エイガ オ トリナガラ カンガエタ コト
出版元 ミシマ社
刊行年月 2016.6
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903908-76-2
NCID BB21477057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22834554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想