日本のサル学のあした

中川尚史, 友永雅己, 山極寿一 編

「似ている」からこそ「違い」がわかることがある。霊長類に学ぶことで「人間とはなにか」という本質を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 霊長類の分岐と進化の系譜-かたち・しくみ・はたらき(毛色豊かなテナガザルの系統関係をDNAで明らかに
  • 匂いを感知する遺伝子からヒトの嗅覚の特異性を探る
  • 食べ物の好き嫌いはわがまま?それとも… ほか)
  • 2章 多様な暮らしと生態の背景-ふやす・まもる・つながる(ニホンザルの個性はなにから生まれるのか
  • DNAが解き明かすニホンザルの「恋愛」事情
  • 好物のヤマモモの種をまいて歩くヤクシマザル ほか)
  • 3章 自我と知性の発達-みる・しる・つたえる(役割を分担し、協力する霊長類の自我と意思疎通
  • 動物の幸せを科学する
  • ヒト、チンパンジーの前頭前野がゆっくり発達するわけ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のサル学のあした
著作者等 中川 尚史
友永 雅己
山極 寿一
書名ヨミ ニホン ノ サルガク ノ アシタ : レイチョウルイ ケンキュウ ト イウ ニンゲンガク ノ カノウセイ
書名別名 霊長類研究という「人間学」の可能性

Nihon no sarugaku no ashita
シリーズ名 WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ 3
出版元 京都通信社
刊行年月 2012.12
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903473-52-9
NCID BB11367223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22260800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想