ボスニア内戦 : グローバリゼーションとカオスの民族化 : 国際社会と現代史

佐原徹哉 著

ボスニア内戦は、1990年代のヨーロッパで「民族浄化」と呼ばれる残虐行為やジェノサイドを現出させた。この内戦の本質は民族の怨念だったのだろうか?本書は、市民同士が突然「殺し合う」ようになった真の原因が、グローバリゼーションの圧力であったことを、ボスニア社会の構造と歴史から明らかにした。ボスニアで起こったことは、カオス化する現代社会に共通する病理であり、どこでも起こりうるのだ。我々はこの暴力の連鎖をどう断ち切るのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ボスニア内戦の歴史的背景
  • 2 虐殺の記憶
  • 3 冷戦からグローバリゼーションへ
  • 4 ユーゴ解体-「グローバリゼーション」の戦争
  • 5 内戦勃発
  • 6 民族浄化
  • 7 ジェノサイド
  • 8 ボスニア内戦のメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボスニア内戦 : グローバリゼーションとカオスの民族化 : 国際社会と現代史
著作者等 佐原 徹哉
書名ヨミ ボスニア ナイセン : グローバリゼーション ト カオス ノ ミンゾクカ : コクサイ シャカイ ト ゲンダイシ
出版元 有志舎
刊行年月 2008.3
ページ数 443, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-903426-12-9
NCID BA85399692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21389998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想