内部留保の研究

小栗崇資, 谷江武士, 山口不二夫 編著

[目次]

  • 第1部 総論 内部留保とは何か(内部留保分析の現代的展開
  • 利益概念の多様性と内部留保
  • 内部留保論の形成と展開
  • 内部留保論形成の前史
  • 法人税制と内部留保)
  • 第2部 各論 内部留保項目の分析(引当金
  • 減価償却
  • 退職給付引当金・退職給付に係る負債
  • 減損損失
  • 資産除去債務
  • 資本剰余金
  • 自己株式
  • 無形資産・のれんの会計処理と内部留保
  • 内部留保の構成(内部留保計算書))
  • 第3部 現代的課題 内部留保の実態と活用(内部留保の現段階とその活用
  • 上場企業の内部留保分析
  • 内部留保分析からみた日本資本主義の特質-法人企業統計を用いた内部留保分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内部留保の研究
著作者等 小栗 崇資
山口 不二夫
谷江 武士
書名ヨミ ナイブ リュウホ ノ ケンキュウ
書名別名 RETAINED EARNINGS

Naibu ryuho no kenkyu
出版元 唯学書房 : アジール・プロダクション
刊行年月 2015.9
ページ数 464p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-902225-96-9
NCID BB19808694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22647853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想