絵を使ったソーシャルスキルトレーニング

ことばと発達の学習室M 編・著

ソーシャルスキルトレーニングは、社会生活や対人関係、集団生活を心地よく過ごすためのスキルの習得です。本書は「身近な出来事の意味」や「場面・状況にふさわしい行動」「相手の気持ち」等を学ぶための基本的なトレーニングについての考えや取り組みについて書かれています。(元)ことばの教室担当者(現)発達心理カウンセラーの著者がわかりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ソーシャルスキルトレーニングとは?
  • 2 コミュニケーション&ソーシャルスキルトレーニングの実際
  • 3 ソーシャルスキルトレーニングの中での絵の活用
  • 4 絵を使ったストレスマネージメント
  • 5 絵を使った児童の特性理解
  • 巻末資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵を使ったソーシャルスキルトレーニング
著作者等 ことばと発達の学習室
ことばと発達の学習室M
書名ヨミ エ オ ツカッタ ソーシャル スキル トレーニング
書名別名 E o tsukatta sosharu sukiru toreningu
出版元 エスコアール出版部
刊行年月 2009.2
ページ数 102p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 12cm.
ISBN 978-4-900851-52-8
NCID BA89432370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21555092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想