建築家の仕事とはどういうものか

香山壽夫 著

東大工学部1号館、彩の国さいたま芸術劇場などの数々の実績、そして長年にわたる大学での教育体験を通じて、建築家にとって根源となる、かたちをつくるとは何なのかを真摯に問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • かたちがうまれる(建築について
  • 描くということ
  • ディテールのちから ほか)
  • ならいつがれるもの(設計とは走ること、講義とは立ちどまること
  • 建築の根源を問い直す
  • つくることと伝えること ほか)
  • つどいをつくる(劇場の様式あるいは様式の劇場
  • 少年の日の風景をたどりながら
  • かつてあった「つどい」を明日の「つどい」につなぐ ほか)
  • ふたつのすまい(私の都市型住居
  • 森の中の小さな家
  • ひとりになって身体を動かす)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築家の仕事とはどういうものか
著作者等 香山 寿夫
書名ヨミ ケンチクカ ノ シゴト トワ ドウユウ モノ カ
出版元 王国社
刊行年月 1999.11
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4900456713
NCID BA44542911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20010349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想