心が軽くなる仏教とのつきあいかた

勝桂子 [著]

ハッピーになれなければ仏教じゃない!気軽に通えて話せて、行けば心を軽くできる。そんな「マイいきつけ寺院」を見つけ、リバウンドしない心のおそうじを実現するために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 僧侶本を読んでもリバウンドするのはなぜ?
  • 第1章 日本の仏教のエッセンス(仏教では霊魂を認めていないのですか?
  • 回忌法要はなぜやるの?何回までやるのが本当? ほか)
  • 第2章 お寺をめぐるお金の話(お布施の目安を聞くと「お気持ちで」といわれるのはなぜ?
  • 住職がお布施を当然のように受けとり、お礼をいわない理由は? ほか)
  • 第3章 葬儀と供養の大問題(宗教によらず、きちんとした葬儀にするには?
  • 葬儀に宗教者を呼ぶ意味はなんですか? ほか)
  • 第4章 心を軽くする、「マイいきつけ寺院」の見つけかた(お寺で、タダで人生相談に乗ってもらってもいいのでしょうか?
  • なぜ僧侶本を読むだけでなく、お寺を探さなければいけないのですか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心が軽くなる仏教とのつきあいかた
著作者等 勝 桂子
書名ヨミ ココロ ガ カルク ナル ブッキョウ トノ ツキアイカタ
書名別名 Kokoro ga karuku naru bukkyo tono tsukiaikata
出版元 啓文社
啓文社書房
刊行年月 2017.11
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89992-043-4
全国書誌番号
22982228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想