久米島の民俗文化

上江洲均 著

家・人・モノを通してみえてくる島嶼の社会と民俗。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論 久米島の民俗文化(岩礁の神の道
  • 稲作とムラと地名の民俗
  • 稲作儀礼 ほか)
  • 2 久米島民俗考(名前の民俗-現代久米島の名字
  • 久米のきみはゑ考
  • 久米島の「イエ」 ほか)
  • 3 古記録にみる久米島(「家記」にみる琉球王国末の社会
  • 家普請の模合-明治中期の久米島具志川間切西銘村の事例から
  • 宮古讒書事件の流刑人たち-前島尻与人波平恵教の娘メガを中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 久米島の民俗文化
著作者等 上江洲 均
書名ヨミ クメジマ ノ ミンゾク ブンカ
シリーズ名 沖縄民俗誌 2
琉球弧叢書 2
出版元 榕樹書林
刊行年月 2007.2
ページ数 243p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-89805-124-5
NCID BA81295447
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21222722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想