復興から地域循環型社会の構築へ

清水純一, 坂内久, 茂野隆一 編著

[目次]

  • 第1部 復興に向けて(東日本大震災からの復興と地域産業創出の構想
  • 循環型地域社会システム構築におけるエネルギー自給システム-陸前高田市生出地区における研究より ほか)
  • 第2部 地域農業と農協(最近の農業地域の人口動向
  • 農山村の集落消滅過程-山形県における集落消滅メカニズムの解明 ほか)
  • 第3部 循環型社会の構築(コメ由来のバイオエタノール生産に対する地域住民の意識構造と支払意志額
  • 家畜ふん尿を利用したバイオガスプラントの稼働事例 ほか)
  • 第4部 諸外国の農業・農村と国際化(ドイツにおけるバイオマスエネルギー利用とその実態
  • ブラジルにおけるバイオマスエネルギーの発展と政策形成の背景 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 復興から地域循環型社会の構築へ
著作者等 坂内 久
清水 純一
茂野 隆一
書名ヨミ フッコウ カラ チイキ ジュンカンガタ シャカイ ノ コウチク エ : ノウギョウ ノウソン ノ ジゾク カノウ ナ ハッテン
書名別名 農業・農村の持続可能な発展

Fukko kara chiki junkangata shakai no kochiku e
出版元 農林統計
刊行年月 2013.7
ページ数 435p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89732-277-3
NCID BB12990217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22277657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アメリカの農協にみる組合員ニーズ対応 坂内 久
オランダの環境協同組合 西澤栄一郎
コメ由来のバイオエタノール生産に対する地域住民の意識構造と支払意志額 黒川哲治
ドイツにおけるバイオマスエネルギー利用とその実態 市田知子
フランス農村における近隣政府の制度的基礎 石井圭一
ブラジルにおけるバイオマスエネルギーの発展と政策形成の背景 清水 純一
中山間地域における担い手型市町村農業公社の役割と展開方向 橋詰登
変革期における農協のガバナンス構造 茂野隆一
家畜ふん尿を利用したバイオガスプラントの稼働事例 松井克則
循環型地域社会システム構築におけるエネルギー自給システム 和田清美
最近の農業地域の人口動向 松久勉
東日本大震災からの復興と地域産業創出の構想 両角和夫
東日本大震災による下水道の被害と復興についての一考察 遠藤誠作
歴史的農業遺産の保全と農文化システムの再構築 岸田学, 矢部光保
民意に沿った行政運営とは 菅原浩
環境保全型農業の取り組み拡大における情報の共有と伝達 関根久子
直接的な津波被害を免れた三陸沿岸部の農山村の状況 平口嘉典
農協とコミュニティ・再考 合田素行
農山村の集落消滅過程 村松真
農業保険とセーフティネット政策 吉井邦恒
農産物貿易問題の展開と展望 福田竜一
震災と予防原則 藤岡典夫
食料品の購買実態と自治体の対応 高橋克也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想