ID触診術

鈴木重行 編

1999年3月に三輪書店より拙著「IDストレッチング」を出版させていただいた。IDストレッチングは筋緊張低下や関節可動域改善など、一般的なストレッチング法と変わりない目的をもった方法であるが、予想外にも多くの人たちにお読みいただいている。このストレッチングをよりいっそう効果的にするには、ストレッチング前に、緊張亢進状態にある筋および結合組織から発生する痛みを軽減しておくことが重要である。したがって、患者さんやスポーツ選手が訴える痛みの部位を特定して、疼痛抑制やストレッチングなどを行うには、治療者やトレーナーがまず個々の筋を確実に触診できることが基本となる。このような考えのもとに、本書を作成するにいたった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 体幹・上肢(腸肋筋
  • 最長筋
  • 多裂筋
  • 腰方形筋
  • 前鋸筋 ほか)
  • 下肢(腸骨筋
  • 大腰筋
  • 大殿筋
  • 中殿筋
  • 大腿筋膜張筋 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ID触診術
著作者等 鈴木 重行
鈴木 敏和
平野 幸伸
書名ヨミ ID ショクシンジュツ
書名別名 Individual muscle palpation

ID shokushinjutsu
出版元 三輪書店
刊行年月 2005.5
ページ数 202p
大きさ 30cm
ISBN 4895902307
NCID BA72485226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20793901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想