ひたくれなゐの人生

斎藤史, 樋口覚 著

近代短歌の金字塔『魚歌』から『秋天瑠璃』まで、常に女歌の先端を歩いてきた斎藤史が、見事な語り口で語る「ひたくれなゐの生」の諸断面。人と、けものや樹木の境界を踏み越えて、絶えざる好奇の目で、幾多の独自な生と死の実存を見続けてきたすべてを凝縮。歴史の奔流にまどわされず、みすずかる信濃に腰を落ち着けて半世紀。その鍛えぬかれた豊かな日本語による語りは、近代日本の鞍部を深くうがってやまない。対談「歌と生と死と」のほか、「ちゃぼ交遊記」「斎藤史歌集」などを併載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ちゃぼ交遊記
  • 対談「歌と生と死と」(疎開の混乱の中で考えたこと
  • 短歌否定の潮流に抗して
  • 二・二六事件と昭和天皇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひたくれなゐの人生
著作者等 斎藤 史
樋口 覚
書名ヨミ ヒタクレナイ ノ ジンセイ
書名別名 Hitakurenai no jinsei
出版元 三輪書店
刊行年月 1995.2
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4895900363
NCID BN1300591X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95047758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想