毛利隆元

金谷俊則 著

安芸の国人領主からその知略で西国を制した毛利元就の嫡男に生まれ、毛利家の家督を継いだ隆元。「無才覚不器用」と自身を卑下しながらも、父・元就、弟・吉川元春、小早川隆景とともに毛利家繁栄の礎を築いたその人物像に、書状等史料の解読から迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 謎の死
  • 2 生い立ち
  • 3 山口での生活
  • 4 出雲遠征
  • 5 家督相続
  • 6 毛利両川
  • 7 山口の動乱
  • 8 厳島合戦
  • 9 三子教訓状
  • 10 晩年
  • 11 謹述胸念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 毛利隆元
著作者等 金谷 俊則
書名ヨミ モウリ タカモト
書名別名 Mori takamoto
出版元 中央公論事業出版
刊行年月 2008.1
ページ数 449p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89514-301-1
NCID BA84575519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21368453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想