文学の森 : トルストイから宮本百合子

秋元有子 著

職場や国会で活躍した著者元参議院議員山中郁子(本名)の"ほんとうは面白い世界の文学"。宮本百合子は旧ソ連をどう見ていたか、ジイドと対比する初評論を掲載。70人以上の作家たちを茶の間に招き入れる名作道案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人生を映す世界の名作(トルストイ「復活」
  • 森鴎外「雁」 ほか)
  • 第2部 小説のなかの夫婦たち(宮本百合子「杉垣」
  • 大江健三郎「新しい人よ眼ざめよ」 ほか)
  • 第3部 小説にみるたたかいの姿(窪田精「海と起重機」
  • 及川和男「森が動く時」 ほか)
  • 第4部 本と作家と(戸石泰一「青い波がくずれる」
  • 山本薩夫「私の映画人生」 ほか)
  • 第5部 宮本百合子に魅せられて(女性の自立と解放
  • 映画「宮本百合子」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学の森 : トルストイから宮本百合子
著作者等 秋元 有子
書名ヨミ ブンガク ノ モリ : トルストイ カラ ミヤモト ユリコ
書名別名 Bungaku no mori
シリーズ名 民主文学自選叢書
出版元 日本民主主義文学同盟 : 東銀座出版社
刊行年月 2001.5
ページ数 322p
大きさ 19cm
ISBN 4894690349
NCID BA52618961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想