石垣りん詩集

石垣りん 著

戦後の時間の中で、家族と会社と社会とに、ひるむことなく向き合い、自らを律して生きてきた詩人・石垣りん。『私の前にある鍋とお釜と燃える火と』から『やさしい言葉』まで、小さきもの弱き者らへの慈しみや孤独な心情を観念や叙情の中に鮮やかに解き放った全4冊の詩集から代表詩を選び、女性の生き方に自由と活気と自立をもたらした言葉の歴史を、各時代ごとに提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原子童話
  • 挨拶
  • 夜話
  • 百人のお腹の中には
  • よろこびの日に
  • 私の前にある鍋とお釜と燃える火と
  • 日記より
  • 女湯
  • 0
  • 峠〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石垣りん詩集
著作者等 石垣 りん
落合 恵子
粕谷 栄市
書名ヨミ イシガキリン シシュウ
書名別名 Ishigakirin shishu
シリーズ名 ハルキ文庫
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 1998.6
ページ数 254p
大きさ 16cm
ISBN 4894564130
NCID BA49549496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想