「アジア」の渚で : 日韓詩人の対話

高銀, 吉増剛造 著

民主化と統一に生涯を懸け、半島の運命を全身に背負う「韓国最高の詩人」、高銀。日本語の臨界で、現代における詩の運命を孤高に背負う「詩人の中の詩人」、吉増剛造。二人の詩人の四年にわたる対話の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 瞬間の故郷
  • 届けられた音声をめぐって
  • 詩人が背負うもの
  • 蟋蟀のように耳を澄まして、…
  • 言語の雲
  • より深い読者へ
  • 海の華厳
  • 薄い灰色の吐息の世界
  • 人間としての風景
  • 古代の服

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アジア」の渚で : 日韓詩人の対話
著作者等 吉増 剛造
高 銀
書名ヨミ アジア ノ ナギサ デ : ニッカン シジン ノ タイワ
書名別名 Ajia no nagisa de
出版元 藤原書店
刊行年月 2005.5
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4894344521
NCID BA72314711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20788232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想