脱商品化の時代 : アメリカン・パワーの衰退と来るべき世界

イマニュエル・ウォーラーステイン 著 ; 山下範久 訳

"9.11"以後の狂乱は、アメリカの「帝国」化ではなくその崩壊の象徴である-アメリカ中心の世界=「近代世界システム」の終焉を看破し、新たなシステムの構築に向けた行動へいざなう、ウォーラーステイン待望の最新刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 過去と未来の狭間にあるアメリカン・ドリーム
  • 第1部 テーゼ(アメリカ合衆国の衰退-鷲は散り墜ちた)
  • 第2部 交錯する修辞と現実(二十世紀-「真昼の暗黒」?
  • グローバリゼーション-世界システムの長期的軌跡 ほか)
  • 第3部 どこへ向かっているのか(左翼(理論と実践再論
  • 移行の時代)
  • 運動-今日、反システム運動であるとはいかなることか ほか)
  • 後言(正義の戦争
  • 「衝撃と畏怖」?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱商品化の時代 : アメリカン・パワーの衰退と来るべき世界
著作者等 Wallerstein, Immanuel Maurice
山下 範久
Wallerstein Immanuel
ウォーラーステイン イマニュエル
書名ヨミ ダツ ショウヒンカ ノ ジダイ : アメリカン パワー ノ スイタイ ト キタルベキ セカイ
書名別名 The decline of American power
出版元 藤原書店
刊行年月 2004.9
ページ数 447p
大きさ 20cm
ISBN 4894344041
NCID BA68936944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20682671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想