生きること学ぶこと

内田義彦 著

われわれはなぜ「学ぶ」のか?名著『作品としての社会科学』(大仏次郎賞受賞)『資本論の世界』の著者であり、「学問」の意味を「生きる」ことと切り離さず問いつづけた経済学者、内田義彦。その珠玉の作品を精選、誰にでも読めるよう配列を工夫した、内田義彦作品集の決定版。本巻では。「生きること」と「学ぶこと」を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 常識を問う(正確さということ
  • 考えるということの姿勢 ほか)
  • 第2部 方法を問う(方法を問うということ-看護人的状況としての現代における学問と人間
  • 曇った眼、澄んだ眼 ほか)
  • 第3部 教育を問う(学問の創造と教育
  • 経済学をどう学ぶか)
  • 第4部 芸術を問う(学問と芸術-フォルシュングとしての学問)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きること学ぶこと
著作者等 内田 義彦
書名ヨミ イキル コト マナブ コト
書名別名 Ikiru koto manabu koto
シリーズ名 内田義彦セレクション / 内田義彦 著 第1巻
出版元 藤原書店
刊行年月 2000.5
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 4894341786
NCID BA46699947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20064207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想