日本的学校経営学 : 『日暮硯』に学ぶ学校経営の真髄

中谷彪 著

「日暮硯」の思想は日本的思想の原点ともいうべきものであって、日本における学校経営学及び教育行政学の最も優れたテキストになるのではないかと考える。こんにちの政治家のあり方、企業の経営者等の心構え、そして個人の生き方の問題において、数多く示唆を与え、反省の鑑ともなるべきものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「日暮硯」に学ぶ学校経営学
  • 人間尊重主義の経営
  • 権力主義の経営
  • 抜擢に学ぶ経営
  • 相互信頼の確立と経営
  • 実態把握と賄賂の廃止
  • 改革方針の提唱
  • 施策の提唱
  • 施策の特色
  • 諸問題への対応
  • 「日暮硯」に学ぶ学校経営の原則

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本的学校経営学 : 『日暮硯』に学ぶ学校経営の真髄
著作者等 中谷 彪
書名ヨミ ニホンテキ ガッコウ ケイエイガク : ヒグラシ スズリ ニ マナブ ガッコウ ケイエイ ノ シンズイ
出版元 北樹
刊行年月 2000.1
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4893847376
NCID BA44794583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20031878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想