十津川出国記

川村たかし 著

明治22年、奈良県十津川村を襲った山津波からやがて100年。父祖の地を捨てて北海道に新天地を求め、子村・新十津川を切り開いた人たちの苦闘のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近づく嵐
  • 第2章 赤い湖
  • 第3章 泥流走る
  • 第4章 海陸をおおう惨状
  • 第5章 悲報を受けて
  • 第6章 秘境をめざす人々
  • 第7章 北へ
  • 第8章 苦難の行進
  • 第9章 滝川での冬
  • 第10章 米への憧れ
  • 第11章 広野に立つ
  • 第12章 明治は遠く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十津川出国記
著作者等 川村 たかし
書名ヨミ トツカワ シュッコクキ
書名別名 Totsukawa shukkokuki
シリーズ名 道新選書 1
出版元 北海道新聞社
刊行年月 1987.11
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 489363920X
全国書誌番号
88048795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想