栃木弁ばんざい

森下喜一 著

栃木弁の特徴をはじめ、アクセント・語彙・語源などをわかりやすく解説。平成14年度NHK地域放送文化賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古語が方言に生き残っている
  • アクセントで意味を区別することはできない
  • 栃木弁の多くは、かつて群馬県からはいってきた
  • 栃木弁ははぎれがいい
  • 敬語が発達しなかった
  • 難なくこなすまぎらわしいことば
  • 同音異義語が多い
  • 自然の中に生きる動物の方言
  • 生活している姿をよく表している方言
  • 秋の収穫と植物の方言
  • 作物と昆虫の方言
  • 冬の食べ物と挨拶ことば
  • 冬に見られる雪と風と氷の方言
  • 春の植物
  • 春の動植物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 栃木弁ばんざい
著作者等 森下 喜一
書名ヨミ トチギベン バンザイ
シリーズ名 ずいそうしゃ新書 10
出版元 随想舎
刊行年月 2003.8
ページ数 126p
大きさ 18cm
ISBN 4887480881
NCID BA6448181X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20550071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想