反大学論と大学史研究 : 中野実の足跡

中野実 著 ; 中野実研究会 編

2002年、50歳で急逝した中野実には、大学史研究者として知られる近年の顔のほかに、かつての激烈な体制批判者、「反大学」論の書き手としてのもう一つの「顔」があった。この二つの顔が現在の我々に投げかけるものは何か。すでに一般の目に触れる機会もない70年代の反大学論・教育批判論、多岐にわたる世代・立場の師友が痛切な思いで語る回想・追悼文-その狭間に浮び上がる独自の人間存在の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序(座談会・中野実の人と仕事
  • 一九七〇年代の中野実)
  • 第2部 一九七〇年代の「反大学」論・教育批判論(「反大学」論
  • 書評による教育批判論・大学批判論
  • 「かわら版」主要記事)
  • 第3部 回想・追悼文集(中野実君のこと-出会ったころ
  • 人生のなかの出会い
  • 見事な人生だった ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反大学論と大学史研究 : 中野実の足跡
著作者等 中野 実
中野実研究会
書名ヨミ ハンダイガクロン ト ダイガクシ ケンキュウ : ナカノ ミノル ノ ソクセキ
書名別名 Handaigakuron to daigakushi kenkyu
出版元 東信堂
刊行年月 2005.5
ページ数 418p
大きさ 22cm
ISBN 4887136153
NCID BA71880010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20791287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想