模索されるeラーニング : 事例と調査データにみる大学の未来

吉田文, 田口真奈 編著

ITは大学をどう変えるか。それは、大学という組織構造、教員・職員・学生それぞれの役割、授業・学習の方法・形態、にどのような変容をもたらすか。13の事例と各年調査に基づく、IT利用に関する初の総合的・実証的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 わが国における高等教育とITをめぐる動向(政策主導による「遠隔授業」の制度化
  • 高等教育機関におけるITの利用状況
  • eラーニングをめぐる高等教育研究の現在)
  • 第2部 事例に見る新しい展開(知のコーディネーター-国際ネットワーク大学コンソーシアム
  • インターネット市民講座のパイオニア-大阪市立大学
  • 大学の知と企業の知恵によるコラボレーション-聖学院大学 ほか)
  • 第3部 ITは大学の何を変えるのか(変容の可能性と限界
  • 日本型IT利用の模索へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 模索されるeラーニング : 事例と調査データにみる大学の未来
著作者等 吉田 文
田口 真奈
書名ヨミ モサクサレル eラーニング : ジレイ ト チョウサ データ ニ ミル ダイガク ノ ミライ
書名別名 Mosakusareru eraningu
出版元 東信堂
刊行年月 2005.6
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 4887136099
NCID BA71869481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20790435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想