風はキューバから吹いてくる : ソシアリスモ・ラティーノ見聞

大窪一志 著

「革命」オルグ、学者、生協幹部ら混成ツアー団に潜り込んだ著者が、たっぷり見聞した最新キューバ事情。ゲバラ、カストロを追いながら、そこに発見したもの、それは「義」の事業としての社会主義だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 DESDE AQUI… 此処より…(キューバは嵐だった
  • 「ところでどういうご用件で?」
  • ラテン的社会主義
  • キューバ人はラクダと馬に乗る
  • ディオス・パガ ほか)
  • 2 …PARA SIEMPRE …永遠に(キューバを最初に意識したとき
  • 日本の学生運動と革命キューバ
  • 革命の中の革命?
  • 建設による変質?
  • 革命の寅さんと左ぎっちょの魚屋 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風はキューバから吹いてくる : ソシアリスモ・ラティーノ見聞
著作者等 大窪 一志
書名ヨミ カゼ ワ キューバ カラ フイテクル : ソシアリスモ ラティーノ ケンブン
書名別名 Kaze wa kyuba kara fuitekuru
出版元 同時代社
刊行年月 1998.7
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4886833950
NCID BA37420222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99074047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想