ウィトゲンシュタインと禅

黒崎宏 著

肯定が否定であり、否定が肯定である「即非の論理」こそ禅の公案を解く鍵。これはたとえば、語り得ぬゆえに指し示されるほかない神は、神ではない、ということを証す論理ではないか。前期『論考』に発する論理実証主義、後期『探求』の影響下にある日常言語学派など、現代哲学の源流というべきウィトゲンシュタインの哲学によって禅の核心を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウィトゲンシュタインという哲学者
  • 2 哲学とは知性解放の戦いである
  • 3 登り切った梯子は投げ捨てねばならない
  • 4 考えるな、見よ
  • 5 「即非の論理」のウィトゲンシュタイン的理解
  • 6 ウィトゲンシュタインは宗教的人間であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタインと禅
著作者等 黒崎 宏
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ト ゼン
出版元 哲学書房
刊行年月 1987.9
ページ数 126p
大きさ 20cm
ISBN 4886790151
NCID BN01365135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88037999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想