反日勢力との法廷闘争 : 愛国弁護士の闘ひ

〓池 勝彦【著】

司法会は健全か、あるいは歪んでいるか?我が国を悪しざまにののしる裁判官に立ち向かふ弁護士の活動記録!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(外国人参政権について
  • 中国の判決は我が国内で執行できるか
  • 歴史観をめぐる判決について)
  • 第2部(NHK受信契約訴訟について
  • NHK集団訴訟高裁判決の意義
  • 「百人斬り」訴訟不当判決
  • 東京裁判と「パル判決」
  • 七三一部隊に対する判決のをかしさ)
  • 第3部(郵便袋裁判の顛末
  • 展転社裁判の顛末
  • 政治闘争としての裁判
  • 植村訴訟における言論問題と裁判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反日勢力との法廷闘争 : 愛国弁護士の闘ひ
著作者等 〓池 勝彦
書名ヨミ ハンニチセイリョクトノホウテイトウソウ : アイコクベンゴシノタタカイ
出版元 展転社
刊行年月 2018.3.29
ページ数 227p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-88656-457-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想