キャラバン・サライのロシア : 歴史・民族・地政学  下

植田樹 著

東(アジア)と西(ヨーロッパ)の間にあって東でも西でもないロシア。広大なユーラシア大陸の中央を舞台に、二つの文明のクロス・ロードという「地政学」的条件の下で、多くの「民族」が興亡したロシアの「歴史」を、原史料を幅広く活用し、古代から現代までたどる。民族問題と民族精神の深層を知ることで現代ロシアの政治、社会状況や対ヨーロッパ、対アジア、対イスラム外交などの本質や背景の理解も一層深まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 "聖なるロシア"の目覚め(ロシア民族主義の芽生え
  • ロシア人が見るロシア
  • 魂の拠り所-ロシア正教 ほか)
  • 第5部 ロシア革命とユダヤ人(ロシアに入ったユダヤ人
  • ユダヤ人の資本蓄積
  • ポグロムと革命運動 ほか)
  • 第6部 甦ったロシア(民族問題の遺産
  • ユダヤ人の復活
  • 怒りと絶望の民族主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キャラバン・サライのロシア : 歴史・民族・地政学
著作者等 植田 樹
書名ヨミ キャラバン サライ ノ ロシア : レキシ ミンゾク チセイガク
シリーズ名 ユーラシア選書 9
巻冊次
出版元 東洋書店
刊行年月 2008.5
ページ数 351p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88595-769-7
NCID BA85922516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21517158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想