ドイツ環境都市モデルの教訓

竹ケ原啓介, ラルフ・フュロップ 著

「環境先進国」として手放しに称える向きと、「実際にはうまくいっていない」というネガティブな評価と、両極端の情報ばかりが行き交うドイツ。点在する数多くの環境都市モデルから我々が学ぶべきエッセンスはなにか。いたずらに美化したり、過小評価するのではなく、現地ならではの視点で、エコシティーを巡るポリシーミックスの実像を探ってみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サステナブルシティーの群像(シュトゥットガルト21
  • 市民参加プロセスの問題
  • 持続可能な地域像の多様性)
  • 第2章 低炭素社会への転換(気候変動政策のフレームワーク
  • 再生可能エネルギーの拡大
  • 中期展望と各発電部門の状況
  • 省エネルギーの進展)
  • 第3章 人口減少時代のまちづくり(縮む都市
  • プラッテンバウ
  • 東から西へ/北から南へ
  • 都市再構築プログラム・東部
  • 都市再構築プログラム・西部)
  • 第4章 コンパクトシティーと環境リスク管理(ドイツにおける土壌汚染対策の枠組み
  • 難しい「汚染」の定義
  • ブラウンフィールド概念の広がりと官民役割分担
  • BF再開発の主流はPPP
  • 既成市街地における土壌汚染)
  • 第5章 循環経済システムの高度化(都市問題としての廃棄物・リサイクル
  • ドイツの廃棄物処理
  • 循環経済システム
  • 拡大生産者責任
  • 容器扶桑リサイクルのはじまり
  • デュアルシステムの妥当性を巡る議論
  • リサイクル産業への影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ環境都市モデルの教訓
著作者等 Fülop, Ralph
竹ケ原 啓介
F¨ulop C.V.Ralph
フュロップ ラルフ
書名ヨミ ドイツ カンキョウ トシ モデル ノ キョウクン
書名別名 Doitsu kankyo toshi moderu no kyokun
シリーズ名 エネルギーフォーラム新書 004
出版元 エネルギーフォーラム
刊行年月 2011.11
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88555-394-3
NCID BB07536291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22103107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想