新永平寺事典

大本山永平寺, 南澤道人, 楢崎通元 監修 ; 小倉玄照 ほか編著

永平寺は曹洞宗の大本山であり、日本曹洞宗の高祖道元禅師の開かれたお寺である。本事典には、修行道場としての、永平寺のすべてが記されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 道元禅師の生涯と永平寺
  • 2章 永平寺の歴史
  • 3章 永平寺の地形・地名について
  • 4章 永平寺の堂塔および諸尊
  • 5章 永平寺の日常
  • 6章 永平寺の行事
  • 7章 永平寺の組織・役職
  • 8章 いろいろな伝承
  • 9章 永平寺と未来
  • 付録 資料篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新永平寺事典
著作者等 南澤 道人
大本山永平寺
小倉 玄照
楢崎 通元
永平寺 (福井県永平寺町)
南沢 道人
書名ヨミ シン エイヘイジ ジテン
出版元 四季社
刊行年月 2002.7
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 4884051386
NCID BA58027629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20305851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想