金山巨石群の「縄文」太陽観測ガイド

小林由来, 徳田紫穂 著

巨石に刻まれた痕跡が物語る縄文時代の英知とロマンと謎!古代史・天文学の常識を覆す金字塔!驚異的な記録の集大成。縄文人も太陽暦を使っていた。ストーンヘンジやピラミッドに比する、古代遺産が飛騨の山中にあった!夏至や冬至はもちろん、閏年まで観測していたことを証明する「金山巨石群」。その全貌を明かした初めての本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • PHOTO GALLERY(巨石群内へ射し込む3つの太陽スポット光
  • 3ヵ所にある巨石群)
  • 金山太陽カレンダー(基礎
  • 高精度(4年周期) ほか)
  • 基礎的な観測(東の山巨石群(冬の観測)
  • 線刻石のある巨石群(夏・冬・春と秋の観測) ほか)
  • 太陽スポット光観測(夏のスポット光(夏期62日間の観測)
  • 冬のスポット光(冬期119日間の観測) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金山巨石群の「縄文」太陽観測ガイド
著作者等 小林 由来
徳田 紫穂
書名ヨミ カナヤマ キョセキグン ノ ジョウモン タイヨウ カンソク ガイド : ニホンハツ コダイ タイヨウレキ ノ アカシ オ ハッケン
書名別名 日本初!古代太陽暦の証を発見

Kanayama kyosekigun no jomon taiyo kansoku gaido
出版元 三五館
刊行年月 2016.9
ページ数 71p
大きさ 30cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-88320-677-3
NCID BB23069335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22791847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想