憲法叢説  2 (人権と統治)

芦部信喜 著

本書は、『憲法叢説1憲法と憲法学』につぐ第2巻の小論集である。主として学生諸君を対象としたものが多い。第1部には、人権関係のもの11篇を集めた。第2部には、統治機構に関するもの13篇を収めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 憲法と人権(人権の普遍性と憲法-国際人権との関連において
  • 市民生活と人権
  • 平等
  • 公務員などの人権-公務員・在監者など、国と特別の法律関係にある者の人権 ほか)
  • 第2部 憲法と統治(国会制度
  • 選挙制度
  • 小選挙区制と総選挙-第5次審議会の答申は衆院選の結果にかかっている
  • 憲法と小選挙区制 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法叢説
著作者等 芦部 信喜
書名ヨミ ケンポウ ソウセツ
書名別名 人権と統治
巻冊次 2 (人権と統治)
出版元 信山社
刊行年月 1995.2
ページ数 360, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4882618370
NCID BN13079075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95059812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想