東アジアにおける市民社会の形成 : 人権・平和・共生

内藤光博 編

[目次]

  • 第1部 東アジアにおける市民社会形成(東アジアにおける市民社会の形成-経済学的視点から
  • 現代市民社会論の展開-日韓「市民社会」研究の意義と課題
  • 韓国における市民社会と市民政治論争)
  • 第2部 東アジアにおける衛生・医療の発展と市民社会形成(香港における公的医療の史的背景
  • 神戸医療産業都市と市民社会)
  • 第3部 東アジアにおける産業構造の変化と市民社会形成(市民社会における中小企業の役割-日本の場合
  • 21世紀における中国の産業政策の展開-産業発展と和諧社会の形成
  • 市民社会におけるソーシャル・ビジネスの役割-フェアトレードによる商取引の民主化
  • 東南アジアのグローバリズムとビジネス社会の変化-フィリピンを事例として)
  • 第4部 東アジアの民主化運動と共生社会形成の課題と展望(琉球の脱植民地化論
  • 先住民族アイヌの権利と政策の諸問題
  • 韓国の民主化運動と「過去の清算」-1980年「光州事件」が切り開いた韓国民主化への道
  • 付論・「光州民衆抗争」30周年特別シンポジウム「抵抗と平和」に参加して-日本平和学会・韓国全南大学共催、2010.4.30〜5.2)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアにおける市民社会の形成 : 人権・平和・共生
著作者等 内藤 光博
書名ヨミ ヒガシアジア ニ オケル シミン シャカイ ノ ケイセイ : ジンケン ヘイワ キョウセイ
書名別名 Higashiajia ni okeru shimin shakai no keisei
シリーズ名 専修大学社会科学研究所社会科学研究叢書 15
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2013.3
ページ数 308p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88125-276-5
NCID BB12217292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22230494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想