養護ってなんだろう : 「保健室の先生」といわれる私たちの仕事とその意味

大谷尚子 監修

「教える」より「育む」これが私たちの仕事です。なるほどそうだったのか、保健室の先生はこんなに大事なことをしていたのか-。子育ての基本にも通じる養護教員本来の役目。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 保健室の矛盾(「保健」の授業
  • 学校保健委員会 ほか)
  • 2 「子どものために」を疑って(清潔検査
  • 子どもへの質問 ほか)
  • 3 さまざまな保健室の日常(小学校-一〇年ぶりの異勤
  • 定時制高校-携帯電話と"メル友" ほか)
  • 4 もうひとつの養護学講座(マンガに描かれる「保健室の先生」
  • 「養護教諭」と「養護教員」と「保健室の先生」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 養護ってなんだろう : 「保健室の先生」といわれる私たちの仕事とその意味
著作者等 大谷 尚子
書名ヨミ ヨウゴ ッテ ナンダロウ : ホケンシツ ノ センセイ ト イワレル ワタクシタチ ノ シゴト ト ソノ イミ
シリーズ名 Oha special
出版元 ジャパンマシニスト社
刊行年月 2007.7
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88049-178-3
NCID BA8335732X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21286672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想