東海道五十三次四百年の歴史をあるく : 足かけ半年二十九日間の旅

岡本永義 著

[目次]

  • 日本橋から品川宿-都会にも江戸の名残
  • 品川宿から川崎宿-歴史に残る人々の墓が
  • 川崎宿から神奈川宿-ハリスも泊まった宿場町
  • 神奈川宿から保土ヶ谷宿-浦島太郎伝説の地
  • 保土ヶ谷宿から戸塚宿-国境には地蔵堂
  • 戸塚宿から藤沢宿-小栗判官と照手姫の伝承
  • 藤沢宿から平塚宿-源氏の兄弟の最期
  • 平塚宿から大磯宿-曽我十郎の恋人
  • 大磯宿から小田原宿-大磯を愛した人々
  • 小田原宿から箱根宿-武士たちの栄枯盛衰〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東海道五十三次四百年の歴史をあるく : 足かけ半年二十九日間の旅
著作者等 岡本 永義
書名ヨミ トウカイドウ ゴジュウサンツギ 400ネン ノ レキシ オ アルク : アシカケ ハントシ 29ニチカン ノ タビ
出版元 けやき
刊行年月 2010.5
ページ数 395p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87751-414-3
NCID BB02387591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想