総説宇宙天気

柴田一成, 上出洋介 編著

地球周辺の宇宙環境に生じる電磁気・プラズマ擾乱と呼ばれる激しい嵐は、人工衛星、宇宙通信、地上電力系などに深刻な障害をもたらし、宇宙飛行士や航空機の乗客・乗務員の健康にも影響を与える。気象衛星や通信衛星などを守り、過酷な宇宙に人類が進出していくためには、これらの嵐の正確な予報、すなわち宇宙天気予報が不可欠である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宇宙天気被害と宇宙天気予報
  • 第1部 宇宙天気と太陽(太陽内部構造日震学からの理解
  • 太陽大気と彩層・コロナの加熱
  • 黒点と太陽活動周期
  • 太陽フレアとコロナ質量放出
  • 太陽フレアと粒子加速
  • 太陽風)
  • 第2部 宇宙天気と地球(磁気嵐Geomagnetic Storms
  • 放射線帯
  • 磁気圏構造とオーロラ
  • 地球磁気圏からの電磁放射
  • 電離圏プラズマの生成と散逸
  • 太陽活動変動の地球気候への影響)
  • 第3部 宇宙天気予報へのアプローチ(宇宙天気予報の現状
  • 銀河宇宙線観測による宇宙天気リモート・センシング
  • 宇宙天気のモデリング)
  • 第4部 宇宙天気の物理を理解するために(宇宙天気予報の基礎過程:磁気リコネクション
  • 太陽ダイナモ機構
  • 太陽圏の衝撃波)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総説宇宙天気
著作者等 上出 洋介
柴田 一成
書名ヨミ ソウセツ ウチュウ テンキ
書名別名 Sosetsu uchu tenki
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2011.5
ページ数 659p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-87698-554-8
NCID BB05782457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21934991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想