東西南北の人 : 杜甫の詩と詩語

後藤秋正 著

本書は二部構成とした。第1部には、杜甫の詩を、生活者としての視点からとらえ直したいという願いから執筆した文章を、第2部には、杜甫に見える、一見平易な言葉のように見えながら一律には扱えない詩語について考えた文章をそれぞれ集めてある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 杜甫の詩(食事を詠ずる詩
  • 飢餓を詠ずる詩
  • 白髪を詠ずる詩)
  • 2 杜甫と詩語(「春望」の「国」について
  • 「秦州雑詩」の「因人」について
  • 「同谷歌」の「狙公」について
  • 「東西南北の人」について-杜甫と高適の酬和詩を中心として
  • 杜詩と「牛馬」
  • 杜詩と「牛羊」
  • 杜詩と「熊羆」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西南北の人 : 杜甫の詩と詩語
著作者等 後藤 秋正
書名ヨミ トウザイ ナンボク ノ ヒト : ト ホ ノ シ ト シゴ
シリーズ名 研文選書 109
出版元 研文
刊行年月 2011.10
ページ数 311, 15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87636-329-2
NCID BB07097908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22008952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想