日本思想史骨

新保祐司 著

忘れられた日本思想史学者・村岡典嗣を鮮やかに蘇らせ、『夜明け前』の青山半蔵も視野に、平田篤胤歿後の門人たちの思索に"一神教への呻き"を聴きとり、内村鑑三に至る信仰の底流を見据えた日本思想史骨三部作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本思想史骨(村岡典嗣-学問の永遠の相の下に
  • 日本思想史骨
  • 信仰の「夜明け前」
  • 村岡典嗣『本居宣長』の復刊)
  • 『内村鑑三』補記(内村鑑三と国木田独歩
  • 内村鑑三の墓
  • 内村鑑三と近松秋江
  • 成功の秘訣 ほか)
  • 『島木健作』補記(島木健作生誕碑
  • 北方人
  • 島木健作の墓 ほか)
  • 音楽が呼び覚ます言葉(グレン・グールド 骨立する音楽
  • カリスマと名演奏家
  • ブルックナーの使徒性)
  • 中島敦-漢学的伝統のラスト・スパーク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本思想史骨
著作者等 新保 祐司
書名ヨミ ニホン シソウシ コツ
出版元 構想社
刊行年月 1994.3
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4875740581
NCID BN10725071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94042228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想