報道が教えてくれないアメリカ弱者革命 : なぜあの国にまだ希望があるのか

堤未果 著

若者、元兵士、マイノリティ、母親…、弱くて強い人々が、今アメリカを揺るがしはじめた…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大統領選の光と闇(ハンスト実行
  • アロハシャツのガンジー ほか)
  • 正義の価値(なんでハンストしようと思ったの?
  • 新聞のない家
  • こんなことする価値、あるのかな
  • 号泣する市民たち
  • ほんとうに価値あるもの)
  • アメリカの見えない徴兵制(携帯で軍に勧誘される高校生たち
  • 落ちこぼれゼロ法案
  • 巧妙に仕かけられた罠
  • 夢を見せてやるんだよ
  • 戻ってきてくれて、ありがとう)
  • 見えない列車に乗せられる若者たち(殺しのマシーン教育
  • 兵士たちのグッバイレター ほか)
  • 未来を選び取る自由(軍事化される子どもたち
  • 最大のターゲットはマイノリティ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 報道が教えてくれないアメリカ弱者革命 : なぜあの国にまだ希望があるのか
著作者等 つつみ みか
堤 未果
書名ヨミ ホウドウ ガ オシエテクレナイ アメリカ ジャクシャ カクメイ : ナゼ アノ クニ ニ マダ キボウ ガ アルノカ
書名別名 Hodo ga oshietekurenai amerika jakusha kakumei
出版元 海鳴社
刊行年月 2006.4
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4875252307
NCID BA76716717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21029602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想