はじめての現象学

竹田青嗣 著

誰にでも理解・実践できるかたちで現象学を説き、人間の可能性を探求する思想として編み直す。さらには独自の「欲望‐エロス」論へ向けて大胆な展開を示した"竹田現象学"待望の著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西洋哲学の「原理」について
  • 第2章 世界を正しく認識することは可能か
  • 第3章 はじめての現象学
  • 第4章 現象学はそれまでの世界論をどう変更したのか
  • 第5章 「意味」と「価値」の現象学へ
  • 第6章 <真>と<信>の根拠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての現象学
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ ハジメテ ノ ゲンショウガク
書名別名 Hajimete no genshogaku
出版元 海鳥社
刊行年月 1993.4
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 4874150489
NCID BN09023168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94020224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想