ヨーロッパ中世世界の動態像 : 史料と理論の対話 : 森本芳樹先生古稀記念論集

藤井美男, 田北廣道 編著

[目次]

  • 第1部 史料論の世界(司教グレゴリウスの沈黙-歴史叙述とその作者
  • カロリング期の聖者伝-『ボニファティウス伝』を中心に
  • confirmationとaffectationの間-カロリング期の財産割当文書をめぐって
  • 8‐10世紀イタリア北部の裁判集会文書 ほか)
  • 第2部 史料と理論の対話(8・9世紀モンテ・アミアータ修道院の証人戦略と領民支配
  • 「プラキタ」の復活とシャルル禿頭王の王権
  • 外来と土着-考古学資料を基にしたバルト南岸地域史研究の課題
  • 11世紀のイングランドにおける「よき人の社会」と「地域」の誕生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ中世世界の動態像 : 史料と理論の対話 : 森本芳樹先生古稀記念論集
著作者等 森本 芳樹
田北 広道
田北 廣道
藤井 美男
書名ヨミ ヨーロッパ チュウセイ セカイ ノ ドウタイゾウ : シリョウ ト リロン ノ タイワ : モリモト ヨシキ センセイ コキ キネン ロンシュウ
出版元 九州大学出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 626p
大きさ 22cm
ISBN 4873788250
NCID BA66684002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
11-13世紀ラ・トリニテ修道院海浜所領 藤本太美子
11世紀のイングランドにおける「よき人の社会」と「地域」の誕生 鶴島博和
12世紀パリ司教座教会において「参事会員であること」 岡崎敦
12世紀修道院領の積極経営とは何か? 舟橋倫子
13世紀ポワトゥーにおける伯権力と都市民 大宅明美
13世紀後半イングランドの裁判実務書 直江眞一
13世紀後半サン・トメールのバポーム通過税免除特権をめぐる一考察 山田雅彦
16世紀のカナリア諸島における奴隷現象 関哲行
8-10世紀イタリア北部の裁判集会文書 城戸照子
8・9世紀モンテ・アミアータ修道院の証人戦略と領民支配 西村善矢
Confirmationとaffectationの間 丹下栄
「プラキタ」の復活とシャルル禿頭王の王権 加納修
アングロ・サクソン期文書における古英語の利用 森貴子
カロリング期の聖者伝 梅津教孝
カンタベリ大司教トマス=ベケット関連書翰の収集と伝来 苑田亜矢
キングストン・アポン・ハルの建設 田村理恵
ソルボンヌ学寮草創期の後援者たち 大嶋誠
ドイツ中世都市「最古の悪臭防止文書」 田北廣道
中世後期フランス都市財政におけるぶどう酒税について 花田洋一郎
史料と理論の対話 藤井 美男
史料論の世界 藤井 美男
司教グレゴリウスの沈黙 佐藤彰一
外来と土着 市原宏一
工業規約の史料論 藤井 美男
慣習文書としてのモンスの特権 斎藤絅子
紀元千年頃の俗人の土地領有をめぐって 足立孝
裁判史料を通じてみたユースの利用に関する一考察 高友希子
領邦の記憶 中堀博司
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想