異文化間教育学序説 : 移民・在留民の比較教育民族誌的分析

江淵一公 著

[目次]

  • 第1章 序論-研究の課題・目的・方法
  • 第2章 異文化間教育の構造類型-仮説的考察
  • 第3章 異文化適応のメカニズム-教育人類学的モデルの検討
  • 第4章 文化的適応とエスニシティの政治的組織化-ポーランド系アメリカ人の二元的文化化の構造
  • 第5章 バイカルチュラリズムの構造とエスニック・アイデンティティ-日系アメリカ人のエスニシティの変容過程
  • 第6章 同化主義と異化主義の相克-アフリカ系アメリカ人(黒人)のエスニシティと教育
  • 第7章 バイカルチュラリズムの制度化-ウクライナ系カナダ人の文化的適応と教育
  • 第8章 異文化の中のモノカルチュラリズム-東南アジアの在留邦人の適応と教育
  • 第9章 自文化復帰と異文化剥がしのメカニズム-「帰国子女」の適応と教育の課題
  • 第10章 結語-国際化社会の人間像と国際的資質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化間教育学序説 : 移民・在留民の比較教育民族誌的分析
著作者等 江淵 一公
書名ヨミ イブンカカン キョウイクガク ジョセツ
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1994.2
ページ数 576p
大きさ 22cm
ISBN 4873783704
NCID BN10491425
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94041024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想