Infrastructure as Code

Kief Morris 著 ; 宮下剛輔 監訳 ; 長尾高弘 訳

はじめにInfrastructure as Codeの原則と考え方を説明し、次にダイナミックインフラストラクチャプラットフォーム、インフラストラクチャ定義ツール、サーバ構成ツール、インフラストラクチャサービスの4つにカテゴライズして解説。その上で、プロビジョニングやサーバーテンプレート管理のパターンから、テスト、変更管理パイプライン、組織やワークフローのプラクティスまでを詳述した。各ツールの使い方よりも、背景にあるコンセプトや考え方の説明に重点を置くことで、特定のツールに縛られることなく、Infrastructure as Codeを適切に実現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎(課題と原則
  • ダイナミックインフラストラクチャプラットフォーム
  • インフラストラクチャ定義ツール
  • サーバー構成ツール
  • 主要なインフラストラクチャサービス)
  • 第2部 パターン(サーバーのプロビジョニングのパターン
  • サーバーテンプレート管理のパターン
  • サーバーのアップデート/変更のパターン
  • インフラストラクチャ定義のパターン)
  • 第3部 プラクティス(インフラストラクチャのためのソフトウェア工学プラクティス
  • インフラストラクチャの変更のテスト
  • インフラストラクチャの変更管理パイプライン
  • インフラストラクチャチームのワークフロー
  • 継続性とダイナミックインフラストラクチャ
  • Infrastructure as Codeのための組織)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Infrastructure as Code
著作者等 Morris, Kief
宮下 剛輔
長尾 高弘
モリス キーフ
書名ヨミ インフラストラクチャー アズ コード : クラウド ニ オケル サーバ カンリ ノ ゲンソク ト プラクティス
書名別名 Infrastructure as Code

クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

Infurasutorakucha azu kodo
出版元 オライリー・ジャパン
オーム社
刊行年月 2017.3
ページ数 323p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-87311-796-6
NCID BB23437632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22873176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想