インタフェースデザインの実践教室 : 優れたユーザビリティを実現するアイデアとテクニック

Lukas Mathis 著 ; 武舎広幸, 武舎るみ 訳

インタフェースデザインの実践的な解説書。使いやすいUIで優れたUXを提供するために必須な「リサーチ」「デザイン」「インプリメンテーション」という3つのフェーズを、初心者にもわかるようていねいに解説します。テクニックの章では、ストーリーボードやペーパープロトタイピング、ユーザビリティテストなど、優れたユーザビリティを実現するためのアプローチについて学びます。アイデアの章では、テキストの書き方、どのくらいリアルなデザインであるべきか、アニメーションを使うタイミングなどについて学びます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 リサーチ(ユーザーリサーチ
  • ジョブシャドウイングとコンテキストインタビュー
  • ペルソナ ほか)
  • 2部 デザイン(スケッチとプロトタイプ
  • ペーパープロトタイプテスト
  • リアリズム ほか)
  • 3部 インプリメンテーション(ゲリラユーザビリティテスト
  • ユーザビリティテスト
  • 対面テスト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インタフェースデザインの実践教室 : 優れたユーザビリティを実現するアイデアとテクニック
著作者等 Mathis, Lukas
武舎 るみ
武舎 広幸
マティス ルーカス
書名ヨミ インタフェース デザイン ノ ジッセン キョウシツ : スグレタ ユーザビリティ オ ジツゲン スル アイデア ト テクニック
書名別名 Designed for Use
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2013.4
ページ数 308p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-87311-608-2
NCID BB12314233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想