グローバル・エシックスを考える : 「九・一一」後の世界と倫理

寺田俊郎, 舟場保之 編著

[目次]

  • 第1部 グローバル・エシックスへの視角(グローバル・エシックスとは何か
  • 「グローバル・エシックスとは何か」をどのように問うのか ほか)
  • 第2部 普遍性と個別性(グローバル・エシックスと「人権」
  • グローバル・エシックス構想に向けて-普遍主義と個別主義の二元論の調停の試み ほか)
  • 第3部 国家と暴力(狼はいかにして羊になるのか-ホッブズ国家論を読む
  • 家族の限界・国家の限界または自然の捏造 ほか)
  • 第4部 正義と和解(和解の不在に寄せる試論
  • グローバル・エシックスの視点から戦後日本のフェミニズムを考える ほか)
  • 第5部 環境と経済(グローバル化する都市生活における環境倫理
  • 租税制度と正義の実現の可能性-グローバル・エシックスとリージョナル・エシックスとの間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル・エシックスを考える : 「九・一一」後の世界と倫理
著作者等 寺田 俊郎
舟場 保之
書名ヨミ グローバル エシックス オ カンガエル : キュウ イチイチ ゴ ノ セカイ ト リンリ
出版元 梓出版社
刊行年月 2008.10
ページ数 330, 8p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87262-019-1
NCID BA87728208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想