グローバルヒストリーと帝国

秋田茂, 桃木至朗 編

中華帝国、モンゴル帝国、イギリス帝国、「覇権国家」…「関係」と「比較」をもとに世界の歴史をとらえ、いま、歴史学界で注目を浴びるグローバルヒストリー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 グローバルヒストリーと帝国
  • 1章 モンゴル帝国と中国-コミュニケーションと地域概念
  • 2章 モンゴル・シーパワーの構造と変遷-前線組織からみた元朝期の対外関係
  • 3章 中世大越(ベトナム)の農村社会に関する比較史的検討
  • 4章 一八世紀のイギリス帝国と「旧き腐敗」-植民地利害の再検討
  • 5章 近代帝国の統治とイスラームの相互連関-ロシア帝国の場合
  • 6章 一八〜一九世紀の北太平洋と日本の開国
  • 7章 日清戦争論の現在-帝国化の起点をめぐって
  • 8章 綿業が紡ぐ世界史-日本郵船のボンベイ航路
  • 9章 チャールズ・A.ビアードの反「帝国」論再考-東アジア体験との関連を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバルヒストリーと帝国
著作者等 桃木 至朗
秋田 茂
書名ヨミ グローバル ヒストリー ト テイコク
書名別名 Gurobaru hisutori to teikoku
シリーズ名 阪大リーブル 44
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2013.3
ページ数 303p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87259-426-3
NCID BB12228186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22235353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想