演出家の発想

鈴木忠志 著

演出家とは何か。演劇行為という集団の経験を方法化してきた著者の、30年にわたる批評活動の中から、空間・身体・言語という視角から照射した日本文化-制度論の精髄500枚を集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 過疎村のこと
  • 合掌造りとの出会い
  • 足の文法
  • 家と家(ヤとイエ)
  • 東京スタイルと日本スタイル
  • 宇野重吉の死
  • 主役から主人公へ
  • 集団と創造の現在
  • 集団的発想への示唆
  • 演出の視・考
  • 越境する力-観世寿夫
  • 蹲るということ-千利休
  • 見返す心-世阿弥
  • 演技と思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演出家の発想
著作者等 鈴木 忠志
書名ヨミ エンシュツカ ノ ハッソウ
書名別名 Enshutsuka no hasso
シリーズ名 批評空間叢書 3
出版元 太田
刊行年月 1994.7
ページ数 265p
大きさ 20cm
ISBN 4872331753
NCID BN11288019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95076609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想