小さな会社の脱零細マニュアル

飯島彰仁, 会計事務所経営支援塾 著

「数字がわかる」「改善点が見つかる」「会社が変わる」小さな会社が成長し続けるための必須ノウハウが満載!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 成長する会社と零細に甘んじる会社の違い(日本の会社の8割以上が「小規模企業」-零細企業ってどんな会社?
  • 会社を成長させる意志が強ければ脱零細は実現できる-成長させる意志・意欲がなければ、いつまでも零細のまま ほか)
  • 第2章 零細から脱するために会社のいまを見つめ直す(現状維持の先に待っているのは衰退しかない-経済が右肩下がりのなかでの現状維持はあり得ない 「赤字で節税」は会社をつぶす行為だ
  • 零細の状態を脱するにはまず公私混同の経営を見直せ-公私混同は決算書に傷をつける行為 ほか)
  • 第3章 小さな会社を劇的に変える武器「中小企業版PDCA」(大企業向けのPDCAでは意味がない!-小さな会社にはP(計画)がない PDCAを回すために必要な経営資源がない
  • 会社の数字に少しでも慣れていけば経営に"ワクワク感"が生まれる-プランとチェックなしの「感覚経営」本当は試算表の見方がわからない?改善していれば見たくなる! ほか)
  • 第4章 「カンタン未来図表」で会社の未来をシミュレーション(会社の数字がラクラクわかる「カンタン未来図表」-カンタン未来図表の構成要素 経常利益は社員の創造性の総和
  • カンタン未来図表のつくり方と活かし方-毎月の数字をはじき出す カンタン未来図表で会社の未来を分析 ほか)
  • 第5章 「経営計画書」のつくり方と脱零細の成功事例(会社のいまと未来がつかめてきたら経営計画書に着手する-会社・事業・社員の未来への筋道を立てる 利益が出発点であり、目的でもある 伸びる会社には必ず経営計画書がある
  • 経営計画書づくりは7つの柱を意識して組み立てる-経営計画書にどのような内容を盛り込むか 小さな会社でも社長は毎月3時間くらいは見直そう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小さな会社の脱零細マニュアル
著作者等 会計事務所経営支援塾
飯島 彰仁
書名ヨミ チイサナ カイシャ ノ ダツ レイサイ マニュアル : キュウワリ ガ ケッカ オ ダス
書名別名 9割が結果を出す!
出版元 あさ
刊行年月 2017.11
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86667-019-5
NCID BB25655474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22993780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想