〆切本  2

左右社編集部【編】

幻覚を振りはらい、地方に逃亡して、それでも筆を執る作家たち。勇気と慟哭の80編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 今に死ぬ、どうしても書けぬ(作家の生活(源氏鶏太)
  • 書簡・明治四十年(二葉亭四迷) ほか)
  • 2 編集者はつらいよ(手紙/はがき・昭和八年/十一年(萩原朔太郎)
  • 虚子さんの文章(滝井孝作) ほか)
  • 3 〆切タイムスリップ(さようなら(團伊玖磨)
  • 「骨の肉」の思い出(河野多惠子) ほか)
  • 4 助けておくれよ、家族(妻と作家は両立するか(神近市子・岡本かの子・今井邦子・宇野千代・中條百合子・美川きよ・平林たい子)
  • 愛猿記(子母澤寛) ほか)
  • 5 〆切幻覚作用(化物(野間宏)
  • 研究室裏の空想(木下杢太郎) ほか)
  • 6 それでも〆切はやってくる(締切り(井上靖)
  • 晩年の父犀星(室生朝子) ほか)
  • 10 〆切の刑(ハナモゲラ語の思想(タモリ)
  • 読者へ(野坂昭如))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〆切本
著作者等 左右社編集部
書名ヨミ シメキリボン : 2
巻冊次 2
出版元 左右社
刊行年月 2017.10.30
ページ数 386p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86528-177-4
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想