生と死をつなぐケアとアート

アートミーツケア学会 編 ; 秋田光彦, 坂倉杏介 責任編集

"死"と"生"がとなりあうこの世界に生きること。遠く隔たった存在との共存の営みについて宗教、儀礼、記憶、死者への関係などから読み解く、アートミーツケア叢書第2弾!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章(ともにある生と死-共創と共生をめぐって)
  • 第2章(いのちは自分だけのものではない
  • 見えないものを見えるように-南三陸町「きりこプロジェクト」、「"生きる"博覧会」などについて
  • 都市生活とコミュニティ-喪失体験を経て
  • 亡くなった人とともに生きる-ホスピスにおけるケアの営みをもとに
  • 人や場に寄り添うアートプロジェクト-「やさしい美術プロジェクト」、鳥栖喬との出会いから)
  • 第3章(スピリチュアリティとしてのケアとアート
  • 生きられる場-日常的実践の聖性をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死をつなぐケアとアート
著作者等 アートミーツケア学会
坂倉 杏介
秋田 光彦
井尻 貴子
森下 静香
秋田 光軌
書名ヨミ セイ ト シ オ ツナグ ケア ト アート : ワカタレタ モノタチ ノ キョウセイ ノ タメ ニ
書名別名 分かたれた者たちの共生のために

Sei to shi o tsunagu kea to ato
シリーズ名 アートミーツケア叢書 / 本間直樹 シリーズ監修 2
出版元 アートミーツケア学会 : 生活書院
刊行年月 2015.11
ページ数 172p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86500-046-7
NCID BB20145550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22666711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想