オプトジェネティクス : 光工学と遺伝学による行動抑制技術の最前線

新日本編集企画編

この本の情報

書名 オプトジェネティクス : 光工学と遺伝学による行動抑制技術の最前線
著作者等 新日本編集企画
書名ヨミ オプトジェネティクス : ヒカリ コウガク ト イデンガク ニ ヨル コウドウ ヨクセイ ギジュツ ノ サイゼンセン
書名別名 Oputojenetikusu
出版元 エヌ・ティー・エス
刊行年月 2013.4
ページ数 288,11p 図版13p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-86469-071-3
NCID BB12213054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
オプトジェネティクスによる神経細胞シナプス内シグナル伝達分子活性化イメージング 村越秀治
オプトジェネティクスによる霊長類の行動制御の可能性 伊佐正, 木下正治
オプトジェネティクスの未来展望 八尾寛
オプトジェネティクスを用いた異常行動の神経メカニズムの解明 中井信裕, 内匠透
オプトジェネティクスを用いた睡眠覚醒の制御 山中章弘, 常松友美
オプトジェネティクス向けCMOSイメージセンサ 太田淳, 德田崇
ショウジョウバエを用いたオプトジェネティクス研究 能瀬聡直, 高坂洋史
ゼブラフィッシュを用いたオプトジェネティクス研究 上萩ちひろ, 伊藤真理子, 八田公平
チャネルロドプシンによる遺伝子治療の開発 冨田浩史, 菅野江里子
チャネルロドプシンの構造機能解析 加藤英明, 濡木理, 石谷隆一郎
ハロロドプシンの構造と分子機能の解明 出村誠, 加茂直樹, 菊川峰志
マウスを用いたオプトジェネティクス研究 田中謙二
ロドプシンの波長制御と光情報交換機構 須藤雄気
光ファイバーを用いた神経活動の操作と観察手法 宮本大祐, 松木則夫, 松村正宜
光受容タンパク質研究の現状 神取秀樹
光遺伝子学ツールを用いた光制御および蛍光測定手法の開発 中井淳一, 大倉正道
光遺伝学的プローブによる細胞活動可視化技術 佐々木拓哉
光駆動性塩素イオン輸送タンパク質ハロロドプシンの構造 井原邦夫, 神山勉
動物のロドプシン類の多様性と機能解析 寺北明久
微生物型ロドプシンの光誘起イオン輸送メカニズムの解明 古谷祐詞
応用研究最前線 山中章弘
神経回路ハイスループットスクリーニング素子開発におけるチャネルロドプシンの利用 宇理須恒雄, 宇野秀隆, 王志宏
神経活動に伴う神経可塑性現象の解明 駒井章治
線虫を用いたオプトジェネティクス研究 塚田祐基, 森郁恵
脳におけるグリアの役割を光で探る 松井広
視細胞における光遺伝学的再生医療に關する研究 市瀬実里
調製困難なロドプシン類の機能的大量合成法 下野和実
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想